六甲山ビジターセンター Mt.Rokko Visitor Center

六甲山の学び

“Facility introduction”, “Guide tour”, “HighKing trail” is translated into English.

ブログ

2021年5月18日

春は駆け足で過ぎ去りて

いつのまにか春も終盤を迎えたと思いきや、西日本は早くも梅雨入りです。山々には初夏を告げる花々が咲きだしました。

六甲山では鮮やかなオレンジ色のヤマツツジが随所に咲き誇っています。六甲山は花崗岩質で酸性土壌のため、その環境に適合しているツツジ類が豊富です。淡いピンク色の可憐な花のモチツツジも咲きだしました。

モチツツジ

ベニドウダンはツツジの仲間で、同族のドウダンツツジは白い花で街の公園などでよく目にしますが、ベニドウダンは赤い花で六甲山上に多く見られます。

ベニドウダン

六甲山にはウツギの種類も豊富です。その先陣を切ってツクバネウツギが咲きだしました。白くて可愛らしい花です。

ツクバネウツギ

続いてミズキです。六甲山の上部に多く見られ、六甲山を代表する樹木の1つです。

記念碑台のアキグミも咲きだしました。実が秋に熟すのでアキグミです。

アキグミ

赤い果実を見つけました。これもグミの仲間ですが、ナワシログミといって苗代の季節に実がなるので名付けられました。

ナワシログミの果実

街では新型コロナに伴う自粛生活が続いていますが、山に登れば植物は例年と変わらず季節の花を咲かせて元気に活動していますね。我々も、早く今まで通りの日常に戻れることを願うばかりです。