六甲山ビジターセンター Mt.Rokko Visitor Center

過去の投稿

2015.03

2015.03.28

六甲山上も春の気配

いいお天気が続いて気温が上がり、 神戸も昨日、桜の開花の発表がありました。 六甲山ガイドハウス近くの桜はまだまだですが、 クロモジの花がほころび始めていました。 六甲山のほぼ全域に生育しますが、 表六甲では海抜約350m以上でぐっと多くなります。 枝を折り匂うと独特のさわやかな芳香があります…… 続きを読む

2015.03.21

ヤブツバキ

二十四節気の春分です。 六甲山上も穏やかな陽気に誘われ、気持ちの良い日となりました。 冬枯れだった山も少しづつ芽吹きの季節到来です。 春の木といえば、漢字で木偏に春と書くツバキ(椿) ツバキは日本原産の常緑樹で、自生種の標準和名はヤブツバキです。 園芸種のツバキの原種で、たくさんの品種の元になって…… 続きを読む

2015.03.16

幻想的な景色

六甲山ケーブル山上駅(標高737.5m)上の天覧台からの景色です。 いつもは、神戸の街はもちろん、大阪平野部から和歌山方面、 紀淡海峡の友が島、淡路島まで、ワイドに広がる景色が一望できるのですが・・・ 昨日は雨が降り、今朝は気温も上がったせいなのでしょうか、 雲海が広がって、幻想的な光景になったの…… 続きを読む

2015.03.12

芽吹きの季節

むき出しの葉っぱが帽子?王冠?に見え、 小人の王子様にも見えますね・・・ 寒い冬を乗り切るために、 植物はいろいろと工夫しています。 葉っぱがついていたあと、葉痕(ようこん)は、 動物や人の顔に見えたりして、 かわいらしく見えたりもするのです。 六甲山といえば、アジサイ 春が近付いて冬芽の色…… 続きを読む

2015.03.03

春弥生 青い瞳 開いて

いぬふぐり星のまたたく如くなり(高浜虚子) 俳句のいぬふぐりは、 オオイヌノフグリを指しています。 ぱっちりと開いた美しい青い瞳。 日だまりで真っ先に春を知らせてくれる花。 冷たい風に吹かれながらも、 オオイヌノフグリが咲き始めています。 3月から5月が花期で日本全国で見られますが、 189…… 続きを読む