六甲山ビジターセンター Mt.Rokko Visitor Center

ブログ

2019年6月22日

六甲山のエキスパートになろう!

今朝の六甲山は、さわやかでやわらかい風が吹いている中、シダの観察会が記念碑台をスタート地点として始まりました。六甲山のエキスパートをめざし、4月から1年間をかけての研修会です。資料片手に、みなさん熱心です。人と自然の博物館の講師等が、シダの違いをユーモア交えながら説明されるのに一喜一憂していました。

シダには名札をつけていました。意識して見ていないとシダは、見分けがつきにくいからでしょうか。

記念碑台では、ヤマイヌワラビ、ゲジゲジシダなど、数種類のシダを観察していました。違いがわかるでしょうか?最後のスタッフが、名札を取り外していました。そして、午後からは座学の予定でした。

梅雨入りの遅い今年ですが、記念碑台近くの二つ池では、モリアオガエルの卵塊が見られるようになりました。

卵塊の下は必ず池などがあり、卵からかえったオタマジャクシが、水面の上に落ちるようになっています。自然の命を育む営みはすばらしいなあ、と思うのです。

午後からは、西宮の観察会のグループが大勢で自然を楽しみに登ってこられていました。

自然を 六甲山を 学ぶエキスパートの取り組みは、『六甲山自然案内人の会』が行っています。詳しくは、http://www.rokkosan.gotohp.jp/のホームページをご覧ください。