六甲山ビジターセンター Mt.Rokko Visitor Center

六甲山の学び

“Facility introduction”, “Guide tour”, “HighKing trail” is translated into English.

てんきとくらす

YouTubeLIVE

ブログ

2023年11月22日

植物も冬支度

暑かった夏も終わったかと思ったら、10月になっても暑い日が続き、11月に入ってようやく秋の季節になりました。私達は慌てて冬支度を始めましたが、植物も冬支度です。植物は夏から冬芽を作り始めていますが、秋になり離層を作る準備をして、紅葉(黄葉)が真っ盛りです。今日は風も無く暖かい日差しなので、散策をしました。まず目についたのがメタセコイアの黄葉です。生きた化石と言われている三角錐の形が綺麗でとても素敵です。六甲山では、黄葉はイチョウが綺麗ですが、紅葉はモミジ・ドウダンツツジ・ニシキギ(世界三大紅葉の一つ)が特に綺麗ですね。実生のウリハダカエデも紅葉していました。

メタセコイア(ヒノキ科)           イロハモミジ(ムクロジ科)

ドウダンツツジ(ツツジ科)          ウリハダカエデ(ムクロジ科)

夏に作られた冬芽も大きくなっていました。冬の寒さと乾燥にこれからじっと耐えて春まで過ごすのですね。もう葉を落とした、小の字のクロモジ、バンザイしたオオカメノキ、裸芽のアジサイが見られました。

クロモジ(クスノキ科)の冬芽         オオカメノキ(ガマズミ科)の冬芽

アジサイ(アジサイ科)の冬芽

アセビの花芽がいっぱいで、春一番に咲くのが待ち遠しく感じられます。この時期、花は少ないのですがヒイラギが白い花をいっぱいつけていました。ヒイラギの葉は針状の鋸歯が普通3~5対ありますが、老木は全縁の葉となる為、分かりにくい事があります。ハキダメギクも可愛く咲いていました。。世田谷区の掃き溜め(ごみを集める場所)で発見された為この名がついたそうです。

ヒイラギ(モクセイ科)            ハキダメギク(キク科)

ツルリンドウ・オオカモメヅル・キッコウハグマ・アオキの果実も見られました。

ツルリンドウ(リンドウ科)          オオカモメヅル(キョウチクトウ科)

キッコウハグマ(キク科)           アオキ(アオキ科)

まだしばらくは紅葉が楽しめますので、是非六甲山へお越しください。

 

 

最近の投稿

2024年1月26日

冠雪した記念碑台

2024年1月25日

六甲山にも寒波襲来

過去の投稿