六甲山ビジターセンター Mt.Rokko Visitor Center

ブログ

2019年5月22日

霧が谷観察コースは花いっぱい

六甲山記念碑台にあるガイドハウスを起点として5つの植物観察コースを設定しています。その中でも、南に位置し、日当たりのよい霧が谷コースを歩くと花いっぱいでした。コースの入口では、ツクバキンモンソウの花は終わりかけていましたが、黄色のニガナ、ハナニガナ、ジシバリ、ケキツネノボタンが迎えてくれました。

少し坂を下りていくと、大木が白い花をつけて待ってくれていました。咲き始めたばかりのようです。

ミズキ(ミズキ科)

春先に枝を切ると切り口から樹液が滴り落ちることから、水木(ミズキ)と言われたようです。きっと水気をたんまり含んでいるのでしょう。

次は、よく似た花が2種類、見つけましたよ。

コマユミ(ニシキギ科)

コマユミという木に咲く花です。とってもかわいい花で、小さすぎて見落としそうですが、しっかりと見てくださいね。4枚の花びらがあります。

ツリバナ(ニシキギ科)

よく似ているのは、同じニシキギ科だからでしょう。これも小さな花を咲かせています。枝から花をつりさげているように見えるので、ツリバナと言います。これは花びらが5枚です。同じニシキギ科なのに、花びらの数が違うのですね。

次に、またまた隣同士に、咲いていたのはツツジです。

モチツツジ(ツツジ科)

モチツツジと言います。花の根元あたりがねばねばしていることから、モチツツジと言われるようです。このねばねばで、木に登ってくる虫には、蜜を採られないようにしているようです。蜜は、飛んでくる虫への贈り物なのです。

ヤマツツジ(ツツジ科)

もう一つのツツジは、ヤマツツジです。これは、色鮮やかです。遠くからでも緑の中では、よくわかりますね。

ムベ(アケビ科)

ツル性の花を発見。アケビ科なので、アケビに少し似ている葉のつき方です。しかし、アケビが落葉樹なのに対して、ムベは、葉を落とさないので、トキワアケビとも言われます。この実は、アケビ以上にとても甘くておいしいのです。

今の六甲山は花盛り。ぜひ、ご来館ください。土日祝日は、11時と13時30分から無料で植物の案内もしていますよ。