六甲山ビジターセンター Mt.Rokko Visitor Center

六甲山の学び

  • twitter
  • twitter

“Facility introduction”, “Guide tour”, “HighKing trail” is translated into English.

てんきとくらす

YouTubeLIVE

ブログ

2021年12月25日

2021年よ、ありがとう。  2022年、よろしくね。

2021年も残すところ、1週間となりました。

人間界では、コロナ禍の2年目で伸び伸び観が、味わいにくかったですね。

しかし、ここ六甲山上の自然界では、全く意に介さない四季の移ろいが、心を和ませてくれました。

2021年の自然よ、六甲山よ、ありがとう。

でも、自然界には2021年から2022年への冬の試練があるのです。

コメナモミ(キク科)の実です。中にタネがあるのが見えるでしょうか?水が氷る冬ですから、水分の少ないタネに命を繋いでいくのですね。

小さな丸いものがいっぱいついていますが、これは腺毛といって、ベタついて、他の何かに引っ付いて運ばれようとしていたのですが、

これは、運ばれないで枯れていく運命ですね。

これは、イタドリ(タデ科)と言います。真ん中にタネがありますね。

若葉を傷薬にしていたようで、痛みを取る⇒痛みとり⇒いたどり、というふうに名前がついたようです。

しかし、イタドリを漢字では“虎杖”と書きます。

これは、イタドリの茎の模様が虎の縞模様に似て、その茎は、杖になるということからだそうです。

陽光を浴びて輝くススキ(イネ科)の穂がありましたので、ついつい写してしまいましたが、感動をお伝えするのは難しいですね。

ススキの実を拡大してみました。ススキをゆすってみると、この毛を羽根にして、勢いよく飛んでいきました。

来春に、うまく発芽できるかなあ?

オオシマザクラ(バラ科)の冬芽です。この中には、来年の葉や花がいっぱい詰まっているのですね。

冬の寒さを防ぐために、鱗のようになっているので、芽鱗ともいいます。

オオシマザクラは、ソメイヨシノのお父さんです。

桜餅にある葉は、このサクラの葉で、クマリンという成分があり、いい香りがします。

六甲山の寒い冬を逞しく生き延びるんですね。

そして、2022年の幕開けは、・・・

ビジターセンターの駐車場から、上の園地を上がる階段が一新しました。

枕木の階段がだいぶ朽ちてきて、危険だということで、この年末に工事をしていました。

ようやく完成したばかりです。

2022年、どんな年になるでしょうか?

しあわせは、心の内にある言います。

心の内より幸せを作っていきたいものです。その架け橋は、六甲山の自然界にきっとありますよ。

2022年の自然よ、六甲山よ、よろしくね。

では、よいお年を!!!

過去の投稿