六甲山ビジターセンター Mt.Rokko Visitor Center

六甲山の学び

  • twitter
  • twitter

“Facility introduction”, “Guide tour”, “HighKing trail” is translated into English.

てんきとくらす

YouTubeLIVE

ブログ

2022年6月6日

グルーム祭などのイベントで記念碑台は大にぎわい

記念碑台では6月に入ってイベントが次々と開催されています。

まず、夏山シーズンの始まりと山の安全を祈念するグルーム祭。六甲山開山の礎とされる故グルーム卿を偲んで「グルーム祭」の名で親しまれています。今年のグルーム祭は一昨日6月4日(土)に開催されました。

この日は阪急ハイキングも開催され、ハイカーが記念碑台に立ち寄って大いに賑わいました。

昨日6月5日(日)は、兵庫県山岳連盟の主催による少年団の「六甲山登山」が行われ、山好きの少年少女たちが記念碑台に集まりました。小学校高学年から中学生の子供達ですが小学6年生が多かったようです。単なる登山だけではなく、六甲山の中心にある記念碑台で六甲山のことをしっかり学ぼうという企画です。午前中は当ビジターセンタースタッフによる室内学習で六甲山の歴史や成り立ちなどを学び、昼からは野外観察です。

室内学習の最後には、次世代を担う子供たちへのお願いごととして、「六甲山を友達に」というメッセージを伝えました。

午後からは周辺の野外観察です。記念碑台を出発してノースロードをシュラインロードの下山地点まで歩いて、季節の植物や自然の不思議などを学ぶことができたようです。

ちょうどタンナサワフタギやコアジサイなどの季節の花が見ごろで、子供たちを歓迎してくれました。

タンナサワフタギの花

コアジサイの花

六甲ケーブル下からの登山を終えてからの学習でしたが、子供たちは疲れを感じさせることなく元気いっぱいでメニューをこなし、記念碑台を後にしました。

昨日はビジターセンターも大賑わい、特に登山者が多く訪れて、展示室内でも大型シアターを見ながら談笑する人たちの姿が目立ちました。

続いて昼食タイムの展望デッキの様子です。大阪湾方面を眺めながらランチタイムを楽しむ人たちで賑わいました。

以上、6月最初の土日の休日の様子をお伝えしました。

過去の投稿